カタクリ

3~4月に咲くユリ科の花。山地の林の中に生息する多年草。 花言葉は「謙遜、尊重される」。茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける。 春のわずかな期間に花を咲かせ、跡形もなく姿を消してしまうスプリングエフィメラル(春のはかない命)と呼ばれる花の代表。 つがの里の野外ステージ近くに、群生して咲いており、隠れた名スポットとなっている。同時期には、フデリンドウも近くに咲き、様々な種類の花を見ることができる。 また、総面積5,000平米ある大柿の里山一面にも、可憐な薄紫色のカタクリが咲き誇る。大柿カタクリの里では、アズマイチゲやセツブンソウも見ることもできる。

該当する記事が1件見つかりました。
(1-1 / 全1件)

TOP