とちぎ秋まつりの起源は西郷どんにあり?!

とちぎ秋まつりの起源

時は江戸末期。

江戸東京を代表する祭りとして定期的に「山王祭」が開催されていました。賑やかなお囃子とともに絢爛豪華な人形山車を曳き(ひき)、徳川のお殿様に美しい山車を見せに行ったといわれています。

この山車は現在では「江戸型山車」と呼ばれていて、かつて城門をくぐる際、上部の人形が門にぶつからないようにと、人形を上下に収納できる仕組みを取り入れていました。
そんな人形山車を曳いて街を練り歩く光景は、当時の町人にとって大きな楽しみであったでしょう。

しかし、西郷隆盛らにより、明治維新が起こります。徳川幕府がなくなったことで、徳川時代の象徴の一つであった山車を曳いて街を練り歩くことはできなくなったのです。

その理由について、栃木の山車の歴史が記録されている書籍に、次のように記されています。

その理由は、山王権現社は徳川家が産土(うぶすな)神として信仰を篤くしてきたためらしく、明治政府はこの際徳川色を払拭したい方針で、山車の曳き出しさえも頑迷に拒否しているとか…。

【参考資料】栃木の江戸型山車(第二刷)編著者:太田義男

つまり、明治政府はそれまでの徳川色を一掃するために、明治維新後、山車の曳き出しを頑なに拒否していたようです。
すると、表舞台に出ることがなくなった山車を持て余していた山王の氏子町では、ついに『山車の売却』という事態が始まります。

舟運などで東京と交易のあった栃木の商人宛に山車の引き取りの提案があったのは、明治維新後まもない、明治3年(1870)のことでした。
売却を提案された山車は源義経の愛妾(あいしょう)「静御前」を模ったもので、山王祭で五指に入る程華麗な山車といわれるほど大変美しく、煌(きら)びやかな山車でした。
栃木の商人は協議・検討し、この静御前の山車を購入することを決めました。

そして明治7年(1874)、県庁構内(現県庁堀)で行われた神武祭典の折に「静御前」が盛大に披露され、同じく泉町が宇都宮から買い求めた「諫鼓鶏」がまつりに賑やかさを添えました。立派な山車が巡行する光景が江戸以外で見られることに、栃木の全住民が心を躍らせたことでしょう。

西郷隆盛らによる明治維新をきっかけに、山王祭で出番がなくなった山車が栃木にきてから実に140余年。現在の「とちぎ秋まつり」は、こうした一連の出来事から始まりました。

山車の魅力

  • 江戸型人形山車の美しく繊細な刺繍や彫刻
  • 昼は太陽の光で彫刻や装飾品が輝いて力強い雰囲気が楽しめる
  • 夜になると山車の提灯が照らされてしっとりとした趣ある雰囲気に
  • 一台一台異なるデザインに山車の奥深さを感じる
  • 人形は全13体!それぞれの人形の表情を楽しめる
とちぎ秋まつりをもっと楽しむ”ワンポイント!”

栃木市散策ガイドアプリ【蔵ミュゼ】を使ってまつりをもっと楽しもう!

栃木市散策ガイドアプリ【蔵ミュゼ】を使えば、山車に近づくとその山車の説明についてスマートフォンに情報が届きます。
山車の知識を深めることで、とちぎ秋まつりをより楽しむことができちゃいます!

【蔵ミュゼ】アプリ詳細

とちぎ秋まつりを満喫!

  • 絢爛豪華な江戸型人形山車が9台巡行
  • 山車同士で競い合うお囃子、手古舞や町衆の掛け声は大迫力!(ぶっつけ)
  • 流派ごとに異なるお囃子を楽しめる
  • 物産展も豊富!栃木の特産品&北海道滝川市の特産品のショッピングを楽しめる
  • 栃木駅前のロータリーで和太鼓の演奏(11日午前は人形山車が巡行し、お囃子を楽しめる)
山車巡行スケジュール
  • 【人形】1日目:日本神話/ 2日目:三国志
  • 【催し】9日:子供山車まつり / 10日・11日:本まつり
    ※10日と11日は13時15分ごろから9台が一斉に大通りを巡行

今回のまつりの見どころ

幸来橋巡行

人形山車が幸来橋まで巡行します。その道中、電線があるため人形を収納する(山車の上げ下げ)一部始終が見られます。さらに、蔵造の建物と巴波川、山車の3つが揃った絶景写真を撮影することができます。

実際に体験できる

お試しとして、1,000円で実際に山車を曳くことができます。なかなか体験できない貴重な時間です。

2日間で見られる山車が異なる

10日から11日にかけて一部の山車の人形の入れ替えがあります。2日間で人形全13体を制覇してみてはいかがでしょうか。

同時開催行事

・菊花大会

2018年11月4日~18日 / 小江戸ひろば

・秋季銘品盆栽展

2018年11月9日~11日 / 栃木市役所1階市民スペース

・江戸芸かっぽれ

2018年11月10日 / 蔵の街大通り

・栃木市の産業と物産展

2018年11月10日~11日 / 蔵の街第一駐車場

・栃っ子茶屋

2018年11月10日~11日 / 万町ポケットパーク

・うずま川舟行イベント

2018年11月10日~11日 / 巴波川

・呑龍さま縁日

2018年11月11日 / 近龍寺境内

・骨董市

2018年11月10日~11日 / 近龍寺西通り他

とちぎ秋まつりパンフレットDL

平成30年とちぎ秋まつりパンフレット

アクセス

  • 臨時駐車場(警察署跡地・文化会館・東中・南中・中央小学校・運動公園・イオン栃木店・入舟庁舎・旧市役所跡地・旧下都賀病院北側駐車場)
    ※雨天時は使用できなくなる駐車場があります。
  • シャトルバス運行
  • 栃木駅から会場まで徒歩10分

とちぎ秋まつり詳細情報

とちぎ秋まつりの詳細については、下記よりご確認ください。

詳細情報はこちら

TOP